FXは少額から始められて便利

2015年12月16日 FX取引 No comments

少額から始められる投資として、非常に強い人気を呈している存在といえばFXです。
証拠金と呼ばれるお金をFXの業者へ預けて取引を行いますが、実際にはレバレッジを効かせることが可能なので、手持ちのお金が少ない場合であっても、その何倍ものお金を活用して高額取引を楽しむことが出来ますので、FXは少ない資金であっても、非常に高額な利益を得られる確率が高い存在としても人気を呈しています。

FXは株式投資と違って、通貨を扱うので企業の倒産などで価値が無になってしまうといったリスクもありませんし、銘柄選びに苦戦しにくいので、初心者や経済にあまり詳しくない人であっても非常に親しみやすい投資方法です。

海外の通貨を扱うので、ある程度海外のニュースや経済事情を知っておけばレートの変動も読み取りやすかったりと、株式投資と比較しても情報集めしやすい点も利点です。

「海外口座へのお金の振込みが面倒くさそう…」と思っている方も位ると思いますが、口座の入金方法はクレジットカードを利用して入金します。 また、利益が出た分の金額もクレジットカードに返金されます。海外業者でも入出金はスムーズに行えます。日本語サポートも充実しており、英語ができなくても不自由なく海外業者を使えるのが魅力です。
参考:海外業者で取引するメリット | 海外FXランキングnavi

FXをまず始めるならば、デモトレードを活用し、チャートの見方や損切りの方法についてしっかり知っておき、画面の操作に慣れておくと安心です。

新興国の中でも特にブラジルはここ一年の通貨の下げ幅が大きいです。

日本国内のFX会社からではFXでブラジルレアルと円の通貨レートで取引できる会社はほとんどありませんが、それでもトルコリラや南アフリカランドへの影響は大きく、ブラジルの経済動向も注目されています。

近年ではブラジルワールドカップが開催され、来年夏にはリオでの夏のオリンピックが開催予定であり、インフラ整備に多額の税金が投入されるなど国内の需要は明るいと思われてきました。

しかし中国経済の減速懸念やアメリカの利上げが年内に実施されるとさらなる通貨安を引き起こす可能性があり、海外からの投資が滞るなどの資金繰りが苦しくなる可能性があります。

特に中国への輸出が落ちると外貨獲得の手段が限定されるため、経済発展が厳しくなると予想されます。

そして現在のところ財政の健全化に目途が立たず、大統領と議会が対立姿勢にあることから、ブラジル国債の格付けはかなり低い水準にあります。

格付け会社によってはジャンクになっているところもあり、以前のアルゼンチンのようなデフォルト危機はまだないにしても、通貨安の歯止めはかかりそうにありません。

通貨安は海外からの輸入品の値上がりが懸念材料になるため、物価高に拍車がかかります。

物価高はそれを追うように政策金利の利上げにつながるため、財政に負担をかけます。通常経済発展とともに通貨高になるはずなので、逆行して短期間での通貨安は悪影響が大きいのです。
これに影響を受けるのが上述で触れたトルコや南アフリカです。

これらも近年ブラジルとともに経済発展と遂げた新興国であり、国内の物価上昇と高い政策金利は似た状態にあります。幸い南アフリカは政治的な対立はないものの、電気の供給が不安定でインフラ整備がまだまだなところもあります。

またこれらの国も海外からの投資に依存しているのでアメリカの利上げによる影響はかなり大きいと思われます。

これまで高スワップ通貨として日本国内でも人気の2国でしたが、通貨安が落ち着くまでは買い増ししない方が良いと考えます。

始めの1歩

2015年12月11日 FX取引 No comments

私は将来的に株式投資かFXを始めてみたいと考えております。

しかし、未だに踏み切ることが出来ません。
その大きな理由の一つになっているのがリスクがあるということです。

FXの方が上下を予想するだけなので簡単であるという話やレバレッジを上げすぎると危険、海外の金融情勢は日本国内にいると情報が入ってこないなど様々な話を聞きます。

しかし、私はもっと勉強してから始めようと思いました。なぜならFXの方がサイトなども充実していて初心者にも始めやすいと思ったからです。

確かにリスクはありますが、少ない金額からFXを始めることによって資金運用を学べると思ったからです。

また、情報が少ないからこそ、自分が投資を考えている国の情勢や財政など今まで知ることのなかった情報を自分から素人するいいきっかけだと思ったからです。

アプリで簡単に始められて、所有しているだけで資産が増えるといったことも始めようとする後押しになりました。

海外のFX業者のレバレッジはとても大きいのが特徴的です。

日本国内の業者のレバレッジは最大25倍までに制限されており、これより大きなレバレッジで取引を行うことが出来ません。その為、より大きなレバレッジでFX取引を行いたいなら、海外の業者を利用するしかないというわけです。

しかしながら、海外のFX業者を利用するとなると入金方法等への不安も少なくないと思います。国内の業者なら振り込み入金なども可能で、カスタマーセンター等のサポートもきちんと日本語で利用できるので安心でしょう。

しかし、海外業者の場合は必ずしもそうとは限りません。
ところが、近年の海外FX業者の中には日本語のサポートが充実している業者もたくさんあります。

それにクレジットカードを用いた入金にも対応しているケースが多いので、海外の業者だからと言って利用が不便に感じるということもなさそうです。

クレジットカードは海外旅行でも使えるのが一般的です。

当然、海外のFX業者への入金にも利用できる可能性が非常に高いと言えます。より大きなレバレッジで取引を行いたい場合は、海外のFX業者を使って気軽に取引に挑戦してみると良いと思います。

FXのイメージは為替取引と同じものだということです。
為替のレートがいい時にトレードして、悪い時には損切りをするか悩む程度のことです。

その点他のギャンブルとなんら変わりないのかもしれません。

パチンコや、パチスロでも勝負する台を自分で選び、勝負のタイミング(時間帯)を自分で決めているわけです。FXで言うなら銘柄を選ぶのと同じです。
ですが、やはり初心者の方は内容のわからないギャンブルほどやりたがらないのが現状で、実際FXは知っているがしたことがある人はごく少数なのではないでしょうか。

私がその点オススメするのは日本国内の銘柄を攻めるのではなく、海外銘柄を狙った取引をすることです。

国内とは違い複雑な点が多い事がデメリットですが、逆に国内には無いメリットも存在します。

特にデイトレを行う人にはオススメです。

最近では便利なアプリも登場してきたことでより、チャートの動きに敏感に動くことが可能になるのではないでしょうか。

特に海外の動き始めに話した為替の動きが重要になってきます。

夢は大きく

2015年11月15日 FX取引 No comments

最近急にFXを始めようと思い立ちました。これといって理由はないのですが、本業はありつつFXでひと稼ぎなんてどこかで聞いたような文句にちょっと心惹かれたのかもしれません。

とは言えFXて何?てところからの出発で、分からない事だらけ。色々調べて、とりあえず今まで利用したことのあるネット証券会社でデモ口座を作りデモ取引を初めてみることにしました。

やはり大切なお金ですから、いきなり失敗したら怖いですからね。

デモ取引を始めてみると、最初はちょっとゲーム感覚で楽しみながらやっていたのですが、やはり本質的に分かっていないせいかどんどんお金がなくなっていくのです。

もちろんデモ取引なので実際に損失はないのですが、それでもだんだん不安になってくるものです。やはり広告等でみるように簡単に稼げるほど甘くはないようです。

初心者向けに書かれている本を読んだりしてきちんと勉強をしながらもう少しデモ取引で腕を養ってから、稼ぐためにデビューをしようと考えています。ひと稼ぎする夢は先延ばしした分大きく膨らませようと思っています。

これから始めたいと思っているFX

2015年10月7日 FX取引 No comments

金銭的に余裕があるわけではありません。

しかし、口座に入れっぱなしのお金があります。このお金は今のところ使用予定が無いので、増やすために浸かってみたいと思っています。増やすことを考える、多少のリスクは仕方ないとは考えています。

色々な金融商品を見た中で気になったのはFXです。理由は、証拠金の数倍の取引が可能になるからです。

少ない元手でも上手に取引すれば、大きいお金にできる可能性は十分にあります。

ただし、いきなりレバレッジによる取引はリスクが高いのは理解しています。

初心者の私は、レバレッジということよりも、FXのことをもう少し理解する必要があると考えています。

例えば、いつポジションを持つのか、為替の変動が大きくなる経済指標は何なのかなど、知っておくことで利益を出せるようになります。

とりあえず、口座を開設しておく必要があるので、まずはそこから始めるつもりです。口座開設後は、デモトレードで自分の勝ち方を発見します。

FX向きの性格とは

2015年9月26日 FX取引 No comments

FXを始めるためには特にこれといった資格などは必要ありません。しかしFX向きの性格というものはあると思っています。

一番重要なのは決断力だと思います。しっかりと流れを読む洞察力も勿論必要となってきますが、いくら流れを読むことができてもここが売りどきだと決断できなければ意味が無いと思います。もしも損をしてしまった時、すっぱりと諦められるというのも大切ですね。しかし負けが込んでいるからといって諦めてやめてしまうというのはまた違うため、難しいポイントでもあります。

チャートを読むためにはある程度経験を積まなければなりません。

その経験から培われる分析力は大事な力となり得るので、こつこつと作業をこなしていける忍耐力も必要なのかもしれませんね。何度も経験しても学習しなければな意味が無いので、ある程度の頭の良さも必要となってくるのでしょう。

麻雀が強い人はFXも強いという話も聞いたことがあります。麻雀にも流れを読む力や決断力が必要ですし、なんとなく似ているのかもしれません。

世間を恨むだけの下手くそです

2015年8月20日 FX取引 No comments

お小遣い稼ぎにと思い、FXを約3年ほど前からはじめました。FX投資の本を数冊購入しました。しかし、当たり前でありますが、そんなに簡単に勝てるはずもなく、あっという間に散財寸前です。

1万単位通貨から1千単位通過での取引に変更して、1回あたりの損益を減らし、回数をこなせるように取り組んでいますが、今のところ効果はありません。

MACDやEMAなどのデッドクロス、ゴールデンクロスなど、今まで何度も見てきまし、そのタイミングでの取引も行いましたが…。

皆さん、私のような素人が取引するタイミングを狙っておられるのか、よく反対に動くのを経験しております。

それから、損切りとかを指定したところで、きれいに反転するのって、何故なんでしょうか。そこに何があるのか全く予想もつかないようなところです・・・というか、そのつもりなだけなんでしょうね。

雑誌で取り上げられる方々が偶像なのでしょうか?それでも、そこにすがるしか無い自分が哀れで仕方がありません。

FXの初心者になれるか?

2015年7月11日 FX取引 No comments

随分と前から流行っているFX。当然興味はあるけれど、正直たいした知識も資金もない私の様な主婦には、そうそう手が出せるものではない。

分かる事と言えば外国の通貨を売り買いしてその差益から利益を出すようにする事だけなのだから、当然と言えば当然かも知れない。それでも何故か興味を惹かれるFX。

自分の周りでもいるし、ブログなどを見ると実際にやっている人は世の中に随分といる様に感じる。

プロでは無いのに儲かるノウハウを確立し、講師のような立場で人々に教えている強者も居れば、試行錯誤をしながらわずかな利益に一喜一憂している人もいる。

儲けられていればまだ良い方で、手を出して痛い目にあっている人や、ある時期は意気揚々とブログに自身の儲けた取引の結果を報告しながらも、ある時から更新がパタリと途絶えている人もいる。そんな様子を見るとやはり不安になる。

それなのにFXに何かしらの期待を持ってしまい、巷に出回っているノウハウのほんの一部でもつい見入ってしまう自分がいる。

何時になったらトライ出来るのか自分でも正直分からない。